自動積立定期預金を人生に活かす

メガバンクの自動積立定期預金

給料の振込先に指定する口座といえば、なんといっても三菱UFJ銀行や三井住友銀行、そしてみずほ銀行などの「メガバンク」です。振込先といえば、給料から天引きしてお金をためられる「自動積立定期預金」が注目を集めていますが、メガバンクではどのような商品を提供しているのでしょうか?

実際に自動積立定期預金は「積立型定期預金」「自動型定期積金」とも呼ばれることがあり、メガバンクに限らず地方銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行なども含めるとほとんどの金融機関で取り扱っている商品です。自然にお金がたまるというのはお金をついつい使ってしまいがちな私たちにとってありがたい商品です。ただし、自動積立定期預金の金利などを考えると、メガバンクで自動積立定期預金を始めるメリットはあるのでしょうか?

自動積立定期預金の金利は、基本的にその銀行が取り扱っている定期預金の金利と変わりません。例えばメガバンク3行において、すべての預け入れ期間の定期預金の金利は2019年1月現在で0.01%となっています。自動積立定期預金の金利もこれらの定期預金の金利と同じです。同じ期間をコツコツ預けるのであれば、他にもインターネット専業銀行や国債など、同じ期間でも金利のより高い金融商品は多くあるので、給料の天引きにこだわらないのであれば、メガバンクの自動積立定期預金に固執する必要はありません。